« 今週・先週の収支(7/16〜7/24) | トップページ | もうガマンできないっ! »

2005年8月 1日 (月)

駄菓子のカツでカツ丼を作ろう!

煮込みソースカツ丼
変り種カツ丼。煮込みソースカツ丼。

カツ丼が好きだ。というより「変り種の」カツ丼が好きだ。 元々、カツ丼を頼めばデフォルトでソースカツ丼が出てくるという標準偏差からズレた地域に住んでいた人間だ。 ちょっと変わったカツ丼があるということで、わざわざ東京から会津までレンタカー借りて往復する奴になっても仕方あるまい(笑)

そして、ネタ集めに訪れた駄菓子屋でヤツと出会ってしまったのだ。カツと。 今流行りのtrfで言えば「ボーイミーツカツ」である。きちんと韻も踏んでる。ミーツも「meets」と「meats」のダブルネームだ。

…もうやめよう。そんなことはどうでもよい。
それに、俺はもう「ボーイ」ではないのだ。


カツ丼業界の革命を目指して

閑話休題。要は、その行った先の駄菓子屋で「カツ風味の駄菓子でカツ丼を作るとどうなるのか?」とふと思ってしまいまして...で、気がついたら各種カツを買っていました。

帰って調べてみると、よゐこの濱口が某TV番組で「節約レシピ」と言って同じことやっていた様子。ただ、味がどうだとか、ホントにカツ丼になるのかは分からず終い。もし、これが実用に耐え得るなら「カツ丼業界」に革命を起す一品になるハズだ。だって単価2-30円程度だぜ。このカツ。 吉野家が一部店舗でソースカツ丼を出しているが、それでも430円。安いと言われている学食のカツ丼でさえ380円。 このカツが導入された日にゃ、業界に価格破壊が起こって然るべき。じゃあ、そのムーヴメントを俺が起してやるよ。H Jungle with トンカツ。

…ウソです。ただの興味本位です。

カツの選定

駄菓子カツ・3種
どれにする~?

今回手に入れたのはこの3種類。

BIGカツ
BIGカツ 駄菓子カツ界のプリンス。
お世話になった人も多いのでは?

ソースカツ
ソースカツ
2枚入り。オタフクソースがかかってます。

トンカツ屋でおます
トンカツ屋でおます
今回使用したカツ。カツがデカい。

今回は「トンカツ屋でおます」を採用。無骨に「BIG」と大きさをアピールするBIGカツ、 「ソース」「2枚入り」をアピールするソースカツに比べ、終始「トンカツ屋でおます」と謙虚かつフレンドリーな姿勢を通した点を評価。 そして、さりげなく「でっかい!うまい!!」と自己アピールする能力にも長けている。これが採用の決め手だ。

正直、俺は「トンカツ屋でおます」が憎い。ニクい。俺が持っていないものを全部持っている。こんな薄っぺらな奴なのに。

豚の暗黒面…
ずいぶん楽しそうだが、君、自分が何やっているのか分かってる?

調理開始


1:玉ねぎだけ先に煮込み
その後ダシ投下

3:強火で30秒、蒸らし1分

2:食材がアレなので
少し煮込みます

4:完成!

おっ、見た目は完全に「カツ丼」ですな。カツの衣もいい塩梅で馴染んでます。 では、早速いただいてみましょう。ぱくっ。

うむぅ。これは…

甘い。甘さの質が違う。確かにカツ丼のダシは甘口なのだが、これは明らかに異質な甘さだ。 「通常のジョージア」と「マックスコーヒー」ぐらい違う。共に「ジョージア」と呼ばれるのに。 そして、肉。衣の食感こそ普通のカツ丼に近いのだがそれだけだ。元が元なだけに、肉厚感なんて期待できないのは分かっているのだが… ニクニクしていないことにこれほど違和感を覚えるとは。これが加工品の限界か。実際、箸を入れるとこの通り「いかにも加工品です」的な裂け方しちゃうし。

カツがまっすぐ切れます
普通のトンカツでは有り得ない切れ方。一直線に切れますか。

ただ、これは普通のカツ丼と比べてしまうからこその結果。 「こういう食べ物なんだ」と言われれば割と美味しくいただけます。カツの値段も値段ですし。 あとは、素材に合う味付けが出来れば...ね。

[まとめ]
いくらダシで煮込まれ、卵でとじられ、立派な衣で包まれていても、所詮このカツは「駄菓子」なのだ。やはり本当の自分は隠せない。 「脱ヲタ」を目指し小奇麗な服装をしてみても、内面からにじみ出る「ヲタ臭」は消せない。 そんな電車男みたいな「しょっぱい青春の味」それが"駄菓子"カツ丼なのだ。

魚介類加工品
「トンカツ屋でおます」...お前、魚介類なのかよ。

|

« 今週・先週の収支(7/16〜7/24) | トップページ | もうガマンできないっ! »