ニュース

2007年1月13日 (土)

そんなつくばは存在しない

2007年はつくば系男子を狙え(livedoor・独女通信)

ちょ、…ちょっと!それはないだろ(笑)
ついに狩りの対象になってしまったか、つくば。

しかしなぁ、文中の

趣味にお金をかける傾向のあるつくば系は、県内の大型電気店や
巨大ホームセンターによく出没するという。ここで逆ナンパする方法もアリかも!? 

って、石丸電気とかジョイフル本田のことか?
そんなところより、やっぱりカスミだろ。あとドラッグ寺島とか。


…ま、実際のところは、東京に出てきちゃのがほとんどですけどね。

|

2006年10月 3日 (火)

いわゆるアレ

ディープインパクトが負けた件については、残念半分、やっぱり半分といったところです。サンデーサイレンス産駒が活躍する日本、サドラーズウェルズ産駒が活躍する欧州、これが本質的なものだったりするのかもしれんなぁ。凱旋門賞じゃなくてブリーダーズカップ目指すのが正解だったのかも。勝ったら勝ったで「サンデーサイレンスの子が勝った!」みたいな扱いになって盛り上がることだろうし。

さておき。そんなディープ絡みでこんなものが。

ディープ、凱旋門賞再挑戦だ!池江師が来季現役続行を示唆(10/2 サンスポ)
http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200610/ke2006100300.html

「負けたけど、次に向けて頑張れ!」みたいな内容になっていますが、その中に気になる箇所が

◆テレビ観戦した女優、佐藤藍子
 「シロッコやハリケーンランに勝ったことには満足していますし、武騎手のレース展開も良かったと思います。ゴール前で差されてしまったのは斤量の差で、実力の差ではないと信じています」

うはははははははははは。佐藤藍子。テレビ観戦した女優、佐藤藍子(笑)。もうねぇ、ここまできたら、抱きたい。俺は佐藤藍子を抱きたい!そして、サンスポ10000000000000000000000000000000000000年分購読したい!


…しかし、コレ、既定事項だろ(笑)。絶対、両者解ってやってる。テレビ観戦した女優・佐藤藍子も、コメントとってきたサンスポも。この先どうなるかとか、どうすることが望まれているとかさ。


   ◇   ◇   ◇


さてさて。そんな凱旋門賞でしたが、この陰にすっかり隠れてしまったのがスプリンターズステークス。GIなのに笑っちゃうくらい人がいなかった(笑)もうねぇ、セントライト記念級。凱旋門賞、凱旋門賞って浮かれるのもいいけど、こっちもきちんと見てよ。今年もアンジャッシュ来てたのに(笑)

スプリンターズステークス
アンジャッシュ2006

去年のスプリンターズステークス
こちらは去年のアンジャッシュ

|

2006年9月22日 (金)

めー

やぎさんが近くに来ているらしい。めー

めー
めー

|

2005年7月23日 (土)

船橋市震度5弱

「ぼちぼち家出てメシ食いに行くか」
と思い立ち、着替えしていたらコレですよ、地震。震度5弱だってさ。

とりあえず、真っ先に服を着た。

そりゃそうだろ(笑)。
いざとなったときに全裸で逃げるわけにもいかんからな。

まぁ、幸い適当に積んであった本が崩れただけで良かったよ。部屋がぐちゃぐちゃにならずに済みました。とりあえず、これで震度5弱までは大丈夫ってことやな。でも、ここが限界だろうな。かなりアブなかったもん。CDラック・本棚が限界でした。中身が「ロ~ン!」て飛び出そうな勢いあったからなぁ。


しかしなぁ...電車止まっちゃったよ。どうしようか?

|

2003年11月28日 (金)

女の子から男の子

完全女装で堂々と女湯に、“秘湯巡り男”逮捕 (11/27 ZAKZAK)

事件自体は見出しの通り「女装して堂々と女湯に入った男が逮捕された」という
ありがち(?)な事件ですが、いや~ツッコミどころ満載。

前方のシンボルはタオルやジェットバスの気泡で隠してしのいでいたという

とのことだが、そんなことしなくてもアレですわ。あの~、具を股にはさんで誤魔化せたんじゃないでしょうか。小・中学生が修学旅行の風呂場でよくやるアレで。 ...ん?そうか!具が大きくなって「女の子」から「男の子」(鈴木紗理奈、"おちんちん"言い過ぎ)になってしまう訳か!それじゃ隠せんわな。

しかしなぁ、元ネタの夕刊フジ。
「名前の通りHな」というくだりはいかがなものか(笑)

|

2003年11月14日 (金)

気になること

という訳で「気になること」

タトゥー公演のチケットが売れ残り(11/12 日刊スポーツ)

ほら!言わんこっちゃない。所詮、人気なんて水物ですからね。
今の世の中、栄枯盛衰が激しく四半期先どうなってるか分からないのに、そんなギャンブルなんてするからでしょ。しかも、東京ドーム2Daysだし。ホント、並大抵のことじゃ埋められないんだって。東京ドームって。ま、ここは一つ腹をくくって「主催者がドタキャンする」という手もありなんですけどね。ヘンに開催して赤字出すより「キャンセル料払ったほうがマシ」ということもあるとかないとか。

ではここで1曲。GO!GO!7188で「ドタン場でキャンセル」

(1曲目: ドタン場でキャンセル / GO!GO!7188 )

はいはい、もうダメですな。さて「ダメ」といえばこれも「ダメ」とか。

風紀の乱れ受け、地下鉄で「キス」禁止案、罰金など(11/8 CNN こぼれ話)

いや、別に「ロシア」つながりという訳でもないんですが、
最近アレですな~、キス大流行。ほら、こんなに。

島崎和歌子がディープキス(11/11 日刊スポーツ)
平山あや、ファンと「キスして」(11/9 日刊スポーツ)
安倍麻美、キス写真をファンに謝罪(11/9 日刊スポーツ)
森下千里のキスOKの発言に会場も興奮(11/9 サンスポ)
栗田梨子「1人キスシーンも撮った」(11/8 日刊スポーツ)
ミック・ジャガー、いよいよ来月、ナイトを授与か?(11/10 BARKS)
さあスキーの季節、ミス2人も笑顔でPR(11/10 サンスポ)

...なんか後半にヘンなのが混じってますなぁ。「ナイトの授与などバンドの終わりだと考えるキース・リチャード」とか、なんとかこじつけたいんだろうけど「スキー」なんてどう転んでもキスには結びつかねぇよ。例えギョーカイ用語風にいったとしても「キースー」が限界。...って、それはただ単に伸ばしてるだけ!

ま、それはともかく。
世の中、それだけ「リップサービス」が多いっちゅ~ことやな。

...なんや。「うまいこと言うたった」みたいな顔して。
そんなもんうまいことあらへん。

|

2003年11月 8日 (土)

燃えてるのかよ!

本題に入る前にちょっとしたジャブ。

東京・銀座で「烏賊様レース」 (11/7 毎日新聞)

知る人ぞ知る下風呂温泉(風間浦村)の「烏賊様レース」が銀座に進出!というより13回もやっていたんですか。銀座で。しかしなぁ、この記事。「東京でのPRの成果は、イカに。」という締めはちょっとなぁ(笑)。それこそ、イカがなものか。


さて、本題。

 釈一日署長“お消しなさい”(11/8 スポニチ)

最近、ようやく落ち着いてきた釈由美子ですが、この記事に気になる点が一つ。内容自体は「1日消防署長」を勤めたという"ありがちな"芸能ネタですけれど、その中に例の気になる一節が。

「昔、わが家も火事になったことがあります。 火事は大変です、怖いです。絶対、絶対気をつけましょう」

って、お前ん家、燃えてるのかよ!

これまで、「タマちゃん」「ワールドカップ」「コジラ」といろんなものに乗っかってきた釈ですが、そこには乗らんでいいだろ(笑)。せっかく「あしたま」で「最近カッコイイ」と濱田マリに言われていたのに台無しですな。そういうのはそろそろ小倉優子に譲ってしまいましょうや。

|